メッセージ

先輩たちのメッセージ

いい顔してる、先輩たちの声

福岡トヨペット(株) 宗像店

室原 遼雅さん
 

福岡第一高等学校(福岡県)出身
2019年卒業・ー級自動車整備士コース1期生

せっかく入学するのだから、目標をきちんと設定しよう。
目標があれば「次に何をすべきか」が見えてくる。

二級自動車整備士コースに入学したのですが、在学中に一級のコースが新設され、親から「どうせやるならー級を目指せ」と言われ、自分も納得して転向しました。1期生なので先輩もおらず、前例もない。生徒たった2名でのス タートでしたが一緒に突き進み、先生方のこ尽力もあって無事、資格を取得ができました。就職では迷いましたが、「世界のトヨタ」へ。この夢は叶いました。次はトタ車の最高峰「レクサス」に携わること。トヨタ検定l級を取得して「トップクルー」になること。この2つの夢に向かって、日々邁進中です。

 

ネッツトヨタ福岡(株) 志免店

新留 和馬さん
 

福岡第一高等学校(福岡県)出身
2016年卒業・26期生

学ぼうという意欲で整備の知識や技術を高めるのは必要なこと。
コミュニケーションカを磨いていくのは大切なこと。

元々機械いじりが好きで高校も自動車科に進みましたが、大学校では学びの深さが違いました。学科や実技の先生方に理解できるまで教えていただき、専門的な分野をしっかり学ぶことができました。大学校での実践的な学びを生かし、現在はネッツトヨタ福岡の中で売上高ーの志免店で働いています。この店で仕事をしていると、整備の知識や技術を高めていくことだけでなく、お客様や社員同士とコミュニケーションカが大切だと実感しています。そこから仕事のやりがいや喜ぴも生まれます。興味があれば、ぜびチャレンジしてください。

 

(株)九州マツダ 新宮店

森岡 隆太さん
 

福岡第一高等学校(福岡県)出身
2019年卒業・29期生

「車を、よーく観察しろ」。学生時代、先生に言われた言葉。
社会人になった今、その意味が理解できるようになった。

同級生には工業科出身や車が大好きという人が多く、自分の車やバイクをたまにいじっていた程度の私は、入学してからとにかく勉強しました。結果、上位の成績で卒業でき、希望の会社に就職できたと思います。現在は点検整備の担当ですが、まだ新人なので、先輩のいろいろなサポートを率先してやるように心がけています。新しい作業に戸惑うこともありますが、2回目、3回目に前回の作業時間や完成度をクリアすると、スキルアップを実感できてうれしくなります。卒業してからもそんな近況報告をしに学校へ顔を出しています。

 

九州日野自動車(株) 古賀店

花田 優人さん
 

福岡第一高等学校(福岡県)出身
2019年卒業・29期生

チームでコミュニケーションを取りながら行う
大型車ならではのダイナミックな整備がやりがい。

実習が楽しかった。それが学校でのいちばんの思い出です。エンジンや部品が揃っているので、実践に近い形で学ぺたと思います。今は「車検班」に所属し、足回りの分解などを担当していますが、体が小さいので、大型タイヤを外すのがたいへんなのですが、チームで行う大型車の整備は乗用車のそれとは違って、スピード感やサイズ感など、すべてがダイナミック。大きなエンジンをすべてバラして点検し、また組み立てて正常に動いたときの音や振動。これは体験しないとわからないと思います。すごくやりがいを感じる瞬間ですね。

 

日本で勉強するときは、社会人になることをイメージして、あいさつ、時間厳守、責任感をしっかりと学ぼう。

ホンダカーズ佐賀(株) 唐津店

コサラ・ジャヤスーリヤさん
 

アジア日本語学院(福岡県/日本語学校)出身
2015年卒業・25期生 出身国/スリランカ

日本で勉強するときは、社会人になることをイメージして、あいさつ、時間厳守、責任感をしっかりと学ぼう。
小さい頃から機械が好きで、なかでも車、特にメイド・イン ・ジャパンの車が大好きでした。日本に来て第一自動車大学校で、同じ言葉でもニュアンスが複数ある日本語の奥深さ、礼儀や時間を重んじる日本の文化を学び、社会人となった今も役立っています。サービススクッフには、「Honda四輸サービス技能修得制度」 (HAST) という技能修得と資格認定の制度があり、現在「SE3級」取得のため勉強中です。夢は大きく「ホンダカーズ」をスリランカに出すこと!そして日本車と共に「日本の良さ」を人々に伝えていきたいと思っています。

富士自動車(株)

河本 一星さん
 

博多インターナショナルスクール(福岡県)出身
2019年卒業・29期生

アウディが誇る、超難関の整備士最高資格
「テクニカルマイスター」を取得するのが最終目標

学校では「整備士を目指す」という目的が一緒なので、みんな仲が良く一体感がありました。先生方も一級整備士の資格をもった経験豊富な方が多く、現場での実践的なお話は今でも役に立っています。学校での成績は決して良くありませんでした。でも「車が好き」という強い気持ちを胸に一生懸命勉強に取り組んだ日々が 懐かしいです。今はアウディの点検、車検などを担当しています。まだまだ先輩のサポートが仕事ですが、いつか整備士の勲章ともいわれる「テクニカルマイスター」を必ず取得したい。それが整備士としての夢です。